2017那須野ヶ原経営研究会 会長方針

日創研 那須野ヶ原経営研究会 2017年度会長方針

2017年度会長 高田 和江

「原点回帰・志を貫く」

ありがとう経営の実践で真の黒字経営を達成しよう~

 

次年度の経営研究会方針は今年度と同様に原点回帰・志を貫くと致しました。世界経済の動向はますます厳しい環境に突入する時代にあり、中小零細企業の私達にとりどの業種も市場で生き残るには厳しい時代です。永続企業を目指す経営者としてこの状態に危機感を持ち今まで以上に真剣に事業に取り組み、事業継承の覚悟をしていかなければなりません。そのためには日本創造教育研究所で自社に必要な研修を学ぶこと、経営研究会に於いては質の高い学びの実践を継続することで地域に認められる会社、働く人達も誇れる会社となる黒字経営の会社を目指して行きたいと思います。

 

2017年度は厳しい時代を乗り切るためにも黒字企業として活躍されている本部レクチャラー活用の実施、人財育成向上のために公式教材導入率アップと三位一体経営の普及、会員増強で会の活動の活発化を目指していきます。

 

方針1 会員企業黒字化を目指し他社から学ぶ理念経営

理念の浸透が良い社風を創り、働く人々の目標となります。理念の真髄を学び自社の想いを形にした強い会社を創って黒字経営を目指していきましょう。

・本部レクチャラーから学ぶ理念経営(三位一体経営の真髄)

・公式教材理念と経営勉強会の実施

 

方針2 ありがとう経営実践で業績向上の仕組みづくりを学ぶ

経営者にとり自己研磨はもちろんですが、社員さんの経営知識の向上も常に求められる像です。人財育成がされてこそ健全な経営ができます。健全なリーターシップ力を身につけた経営者を目指していきましょう。

・本部レクチャラーから学ぶありがとう経営

・各委員会における13の徳目朝礼実施の推進

 

方針3 会員数50名達成と例会出席率70%以上の実現

会員増強をすることで、会の活動の活性化、また異業種交流の機会も増えます。異業種から学ぶ新たな場にしていきたいと思います。真摯に学ぶ経営者が多々いる会を目指して行きましょう。

・会員拡大の推進

・入会者オリエンテーションの実施

方針4  黒字経営企業から差別化を学ぶ

経営者の悩みである他社との差別化をどのように行ったら良いのか、それらを知るためにも成功事例から学んでいきたいと思います。また、健全な価値観をもち、会員としての行動規範を守り感謝力のある経営トップを目指して行きましょう。

・本部レクチャラーから学ぶコア・コンピタンス経営

・健全な財務分析のあり方を学ぶ