2018那須野ヶ原経営研究会 会長方針

日創研 那須野ケ原経営研究会 2018年度会長方針

2018年度会長 深谷 学

「原点回帰・経営革新のためにコア・コンピタンス経営を急げ」

~ありがとう経営・真の90%黒字経営の実践~

次年度の経営研究会方針は本部会長方針に基づき「原点回帰・経営革新のためにコア・コンピタンス経営を急げ」と致しました。社会そのものの変化は今までにないものであり、イノベーションを果たした強い企業の寡占化はさらに進むものと思われます。早急に①自助努力の精神の回復。②人材育成の強化。③経営理念の浸透と貢献先目標の決定。④コア・コンピタンス経営の確立。⑤ビジネスモデルや商品のイノベーション。この5項目の実践を急がなければなりません。日創研経営研究会も、運営にばかり時間を取られるのではなく、組織そのものをイノベーションして、早急に「企業経営を学ぶための日創研経営研究会」の設立の念いに戻らなければなりません。

 

特に公式教材の月刊『理念と経営』も、経営革新に熱心な企業の事例を取り上げ、さらに参考になるべく努力してまいります。単に本を読むだけではなく、事例企業などの分析をして、ビジネスモデルの討論もしていかなければと考えています。

これからは、社長一人が努力しても、幹部や現場の「人間力・考える力・仕事力・感謝力」を磨かなければ、自社のビジネスモデルのイノベーションを果たせません。三位一体論を徹底して議論し、今こそ日創研経営研究会の発足の趣旨に返る時です。

世界経済の動向は激変し、中小零細企業を取り巻く環境はとても厳しい時代です。企業の命題は「永続」です。そのため経営研究会に於いては質の高い学びの実践を継続することで地域に認められる会社、働く人達も誇れる会社となり、家族のため、働く社員さんのため、黒字経営の会社を目指していく会にしていきます。

 

2018年度は黒字企業として活躍されている本部レクチャラー活用の実施、人材育成向上のために公式教材での月刊「理念と経営」・「13の徳目」導入率アップと三位一体経営の普及、会員増強で会の質の向上を目指していきます。