2018リーダーシップ委員会委員長方針

2018年度 リーダーシップ委員会 委員長方針

委員長  五月女 竜次

 

リーダーシップ委員会では、「ワクワク・新鮮」を合言葉に「脱!慣例」を掲げ、新しい取り組みを実践し、魅力ある委員会・例会運営を行い、深谷会長の方針の下に3つの方針を掲げ、実行していきます。

 

 

方針 1 リーダーとして、人としての魅力アップ

健全なリーダーシップは健全な価値観・人間力の下に発揮されるものと考えております。当委員会では立場、経営環境により異なる様々なリーダーシップに触れることで、その有り方を学ぶと同時に、人間力という観点の学びも交えて、より魅力ある自分作り、企業創りに繋げていきます。

 

 

方針 2 13の徳目導入率50%の達成

組織のリーダーに必須となる健全な価値観を醸成する為の施策として13の徳目朝礼を活用していきます。この一年は導入促進に向け様々な取り組みをサポートとして行い、13の徳目朝礼の魅力を伝えて、会員企業の導入率50%の実現を目指します。

 

 

方針 3 ワクワク・新鮮で魅力的な運営

 経営研究会の理念に立ち返り、改めて委員会内での学びにも重点を置くと共に、新しい事もどんどん取り入れて新鮮、活発でワクワクするような委員会を創り、那須野ヶ原経営研究会全体としての魅力アップにも繋がるような委員会運営をしていきます。