2018会員拡大広報委員会委員長方針

2018年度 会員拡大広報委員会 委員長方針

委員長 阿久津 一志

 

那須野ヶ原経営研究会で学べば必ず会社が良くなる。業績が上がる。と言われるような会にすれば、自ずと会員が増え、会は活性化するだろうということが予測できます。しかし、反対に那須野ヶ原経営研究会に入会しても何も変わらないというのであればこの会の存在する意義がなくなってしまいます。

冒頭に述べたような那須野ヶ原経営研究会を魅力ある会にするためには、まずは所属する会員企業一社一社の業績向上を実現させ黒字化を目指すことが必須です。

そして、あの素晴らしい会社のあの人に誘われたのであれば、私も入会して一緒に学びたいと思われるような経営者になることが那須野ヶ原経営研究会で学ぶ意義であり本質なのではないでしょうか。那須野ヶ原経営研究会は魅力ある経営者の魅力ある学びの会であるべきです。そのためにも毎月開催される例会はより質の高いものにしていくことが大切です。質の高い例会を創るためには質の高い委員会活動が重要になってきます。

本年度会員拡大広報委員会では以下の三つを方針に掲げ委員会活動をしてまいります。

 

 

方針 1

魅力ある那須野ヶ原経営研究会にするために、会員企業の黒字化90%以上を目指す

 

 

方針 2

会員数50名達成と例会出席率70%以上の実現

 

 

方針 3

質の高い例会の実施とオブザーバーへの会報誌やHP・SNSを活用した周知